2015年05月29日

去りゆく春を惜しみ、絶景の写真をご案内致します。

まだ6月になっていないのにこの暑さ。あっという間に過ぎた印象の春ですが、4月に行った山陰地区の絶景をいくつかご案内致します。


まずは中海に浮かぶ大根島の庭園「由志園」です。


DSCF7694.jpg


この時はぼたん祭りが開かれる直前で、見事な牡丹の花が咲いておりました。


DSCF7681.jpg

DSCF7651.jpg


そして庭園の写真を・・・・・

DSCF7731.jpg

DSCF7735.jpg


「山陰の箱庭」の別名を持つだけあって、見事な庭園です。

続いて花の楽園「とっとり花回廊」です。

DSCF7782.jpg


四季折々の花が咲いておりますが、この日咲いていたのは・・・・・


DSCF7793.jpg

DSCF7807.jpg

色とりどりのチューリップです。惚れ惚れする位鮮やかでした。

DSCF7862.jpg

そして別の場所では・・・・・

DSCF7873.jpg

ポピーの花が咲いていました。

DSCF7864.jpg


伯耆富士・大山をバックに1枚。絵になる光景でした。

DSCF7887.jpg


スプリンクラーで水やりをしている光景です。日々の丁寧な手入れのおかげで、いつ来ても鮮やかな花が楽しめます。

そんなこんなで、春のひとときでした。

2015年02月06日

バードウォッチングin四国八十八ヶ所。

先月末、四国八十八ヵ所巡拝ツアーの添乗に行って参りました。

その時、あるお寺の門前でまさかのバードウォッチングとなりました。

DSCF0674.jpg

ひっそりと静まり返る、門前のため池。湖面に視線を向けると・・・・・

DSCF0682.jpg

DSCF0686.jpg


カモが泳いでいました。鳥の種類に自信はありませんが、ひょっとしたらコガモでしょうか?色鮮やかなオスが、メスにアピールしていました。


DSCF0696.jpg


DSCF0703.jpg

その時、ある方が食パンをちぎって池へ放り込みました。するとカモたちが勢いよく湖面に浮かぶパン目がけて突進!一瞬にして賑わいました。

DSCF0752.jpg

所変わって、別の札所の近くにある公園の池です。弘法大師ゆかりの地で、杖で地面を突いたら水が湧いたといわれる所です。確かに池は透き通っていました。その湖面にも・・・・・

DSCF0755.jpg

DSCF0769.jpg

カモがたくさん浮かんでいました。こちらはマガモでしょうか?その姿に見とれていると・・・・・

DSCF0765.jpg


一羽の鳥が飛び立ちました。急だったので鳥全体を撮る事はできませんでしたが、偶然にして水をはねる所まで撮れました。その鳥の正体は・・・・・

DSCF0770.jpg


アオサギでした(多分・・・・・)。立派な姿で木に止まっており、まるで池の主みたいな風格でした。


以上、猫だけではない四国八十八ヵ所の動物レポートでした。

2015年01月26日

今日のにゃんこin四国八十八ヶ所。

DSCF0006.jpg


先日四国八十八ヶ所・巡拝ツアーの添乗に行って参りました。賑わう納経所の片隅には・・・・・


DSCF0007.jpg

DSCF0008.jpg

猫がいました。「今日のにゃんこ」に出てきそうな光景です。

DSCF0009.jpg

お経本の上で大あくびしております。こらこら、売り物の上に乗っちゃあイカンよ・・・・・

DSCF0010.jpg

DSCF0011.jpg

そんな事はお構いなしに、自由気ままに振る舞っております。

DSCF0013.jpg

あれ、私の存在に気付いた???これはカメラ目線でのシャッターチャンス!と思い撮ってみると・・・・・

DSCF0014.jpg


目線が微妙にななめ上・・・・・お~い、どこ見とるん?何か気になるモノでもあったん??

DSCF0015.jpg


再度トライするも、またもや視線は違うところへ・・・・・しかし何とも凛々しい姿ですな。


DSCF0022.jpg

コッチにももう一匹。御影帳の上ですました表情を浮かべています。

DSCF0026.jpg

納経所でのひとときに飽きたのか、外へ出ようとするも扉で閉ざされ・・・・・


DSCF0028.jpg


恨めしそうに外を見つめていました。

しかしなぜこんなに猫がいるの?と思いながら外へ出ると・・・・・


DSCF0033.jpg

引き取り手のない猫を、里親が現れるまでの間お寺が預かっていたのでした。


DSCF0037.jpg


お寺で預かっている猫は、保健所お墨付きの健康な猫です。すべての猫に新たな里親が現れる事を願う次第です。


2015年01月23日

新年早々白銀の世界!玉造温泉と出雲大社ツアー。

大変遅ればせながら、本年もよろしくお願い致します。

そんなこんなで、新年早々ツアーの添乗に行って参りましたのでその模様をご案内致します。今回行ってきたのは「玉造温泉・佳翠苑皆美の家伝会席と出雲大社」ツアーです。


DSCF8417.jpg


ここは世羅町内の国道です。積雪の為、センターラインが見えません!!!


DSCF8429.jpg


吉舎インターより尾道道に上がると、除雪車がフル稼働しておりました。


DSCF8448.jpg


松江道に入り、口和インターで降ろされました。冬用タイヤ規制に伴う、安全確認のためのタイヤチェックです。もちろんバスは冬用タイヤを装着しているので問題なく通過!


DSCF8492.jpg

そんなこんなで、玉造温泉「佳翠苑皆美」に到着・・・・・


DSCF8766.jpg


まだ7割くらいの品数ですが、皆美自慢の「家伝会席」です。縁起の良いお料理に温泉入浴。ホッとするひとときをお過ごし頂き、いざ次の目的地へ・・・・・


DSCF8533.jpg

外はまだ雪がちらついており、仲居さんがバスへ戻るお客様へ傘をさしてナビゲートしていました。これぞ名旅館のホスピタリティですねぇ。


DSCF8538.jpg

信じられないかもしれませんが、宍道湖畔の国道9号線です。風は強いわ視界は悪いわで、新年早々波乱万丈なひととき・・・・・

DSCF8571.jpg

DSCF8575.jpg


悪天候に阻まれながらも、何とか出雲大社に到着!無事に初詣を終える事ができました。


DSCF8608.jpg


帰路は道の駅たかのにて休憩・・・・・駐車場一面が銀世界でした。トイレに行くのも一苦労!

DSCF8619.jpg

ふと見ると雪だるまが・・・・・天気に翻弄されながらも、この瞬間はほっと一息つく事ができました。


そして翌日・・・・・同じツアーの添乗に行き、道の駅たかのに半日ぶりに寄ってみました。


DSCF8702.jpg

いつの間にやら、菅笠が被せてありました。昔話の光景みたいでしたねぇ。


そんなこんなで、本年もよろしくお願い致します。


<参考:昨年の同一ツアーの模様>

http://tabi-atolie.co.jp/blog/2014/01/post_94.html

2014年12月18日

添乗員はミタ!神戸ルミナリエ2014

先週、神戸ルミナリエ・日帰りツアーの添乗に行って参りました。

今年は数年ぶりに白熱灯によるイルミネーションが復活となり、暖かみのある光を堪能する事ができました。その時の写真をいくつか挙げてみたいと思います。


DSCF6562.jpg


神戸市内・東遊園地の様子です。16時過ぎの時点で、点灯待ちの人だかりがこの通り。


DSCF6575.jpg


土日は混雑緩和のため早めに点灯しますが、この日は16時半過ぎに点灯しました。


DSCF6618.jpg


点灯の瞬間を見届けた後、元町まで移動して歩行者天国より歩き始めました。


DSCF6697.jpg


大丸の前を通過し・・・・・

DSCF6709.jpg

ドルチェ&ガッパーナの角を曲がると・・・・・

DSCF6739.jpg

光のアーチが見えてまいりました。


DSCF6716.jpg


DSCF6724.jpg

この瞬間、あちらこちらで撮影ラッシュ!撮っているスマホや撮っているカメラを撮りました。


DSCF6745.jpg

LEDによるイルミネーションも見事ですが、白熱灯が醸し出す独特の色合いや暖かみはたまりません。

DSCF6751.jpg

DSCF6758.jpg

そんなイルミネーションのアップ画像です。電球が巧みに組み込まれています。


DSCF6767.jpg


DSCF6782.jpg


そんなこんなで元町より1時間。東遊園地に着きました。公園内のイルミネーションも見事です。


以上、今年で20回目を迎えた神戸ルミナリエの模様でした。


2014年12月12日

添乗員はミタ!「境港カニツアー」日帰り

年の瀬、いかがお過ごしでしょうか?

久しぶりの更新になりましたが、今回は『境港三大食べ放題(カニ・甘エビ・あじ)もしくはカニ一枚付会席料理と人気のスポット「水木しげるロード」散策』ツアーの模様をお送りします。


DSCF5219.jpg


↑こちらは「三大食べ放題」です。カニと甘エビとアジの3種類が食べ放題となります(60分間の一本勝負です)。

DSCF5217.jpg

DSCF5218.jpg

↑こちらは「カニ一枚付会席料理」です。いずれかお好きな料理をお選び頂けます(しかも追加料金は不要です)。


DSCF5233.jpg


DSCF5220.jpg


併設の売店は大盛況。活松葉ガニの多い事多い事・・・・・


昼食の後は、水木しげるロードの散策の散策です。


DSCF5246.jpg


本日街中をブラブラする妖怪たちの予告看板がありまして・・・・・

DSCF5244.jpg

この日はねずみ男が“街ブラ”していました。鬼太郎と並ぶ人気者だけに、観光客が行列をなしていました。


そして通りを歩いていると、何やら気になるモノが・・・・・


DSCF5247.jpg

DSCF5248.jpg

街角の一角に、ちょとした人だかり。見てみると「妖怪食品研究所」の看板があり、そこで売られていたのが・・・・・


DSCF5249.jpg


「妖菓目玉おやじ」という饅頭でした。何ともリアルなできばえ!何でも松江の老舗菓子処とのコラボレーションのようです。白いのはねりきり、赤と黒の目玉部分は羊羹、中身は栗入りのこし餡が入っており、上品な甘さでした。


この饅頭は現地でしか買えません。箱入りはもちろん、食べ歩き用に串に刺したものもありますので、記念写真を撮るときのネタにもなります。

そんな境港へ、この冬ぜひお越しください!!!

2014年09月04日

弊社の人気ツアー「海上自衛隊呉基地・艦艇一般公開ツアー」のご紹介。

蒸し暑かった夏が過ぎ去り、残暑の中にも涼やかな風を感じるころになりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今回は弊社の人気ツアー「海上自衛隊呉基地・艦艇一般公開ツアー」をご案内致します。


DSCF1524.jpg

DSCF1529.jpg


まずは呉中央桟橋へ。ここで艦船めぐりクルーズにご案内です。

DSCF1530.jpg


DSCF1534.jpg

船内の様子。自衛隊OBのガイドによる案内のもと、海上自衛隊・呉基地の沖合へ参ります。

DSCF4538.jpg

DSCF4534.jpg

船は2階建て構造で、オープンデッキの2階席より係留中の艦艇や潜水艦を間近で見ることができます。

DSCF1661.jpg


昼食後、いよいよ当ツアーのメイン・艦艇一般公開の見学の為、海上自衛隊呉基地に入ります。


DSCF4639.jpg


見学の前に、受付で見学者の<氏名><年齢><職業><住所>を記帳します。当ツアーの場合は、お申し込みの際にに伺った上記の情報をもとに名簿を作成し、事前に自衛隊へ送りますので当日は安心してご見学いただく事ができます。

DSCF4642.jpg


見学開始の時間になると、広報担当の自衛官より見学の際の諸注意事項などの案内があります。


DSCF4646.jpg


その後公開する艦艇まで案内されます。数多くの艦艇が桟橋に係留されており、自衛隊のスケジュールに合わせてその日の公開艦艇が決定されます。


DSCF4650.jpg


そしていよいよ艦艇の中へ。隊員さんが敬礼でお出迎え!

DSCF4656.jpg


DSCF4657.jpg


DSCF4661.jpg


見学できる範囲は甲板上ですが、速射砲など搭載されている兵器も間近で見る事ができます。

DSCF4662.jpg

この時の公開艦艇は、練習艦「しらゆき」でした。公開する艦艇は、事前に海上自衛隊呉地方隊のホームページで確認する事もできます(まれに基地見学になる場合もあります)。

DSCF4644.jpg


2月末より続いている当コース、おかげ様で大変ご好評を賜っております。めったに見られない海上自衛隊の艦艇を、ぜひ間近でご覧下さいませ。


2014年08月04日

添乗員もミタ!PL花火大会

かなりご無沙汰しておりました。猛暑が続くこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

8月1日に大阪・富田林市で行われました「PL花火大会」の添乗に行って参りました。その時の模様を簡単に御案内致します。

DSCF4738.jpg


DSCF4968.jpg

会場の様子です。打ち上げ場所のゴルフ場のそばに広場があり、手持ちのレジャーシートで場所取りです。夕方4時の時点で、この状態でした(1時間経つと、見物客は倍になっていました・・・)。

DSCF4998.jpg

そして20時前、最初の花火が打ちあがりました。約14,000発もの花火がこの日は打ちあがりました。


DSCF5052.jpg


有料エリアを除くと、ここが一番の「特等席」でしょうね。目の前で次から次へと打ちあがっていく様子が望めました。


DSCF5003.jpg


DSCF5026.jpg


DSCF5069.jpg


DSCF5070.jpg

まさに「花」火です。夜空に1輪の花が咲きました!


DSCF5075.jpg


DSCF5077.jpg

そして花火はエンディングに差し掛かりました・・・・・


DSCF5120.jpg

フィナーレを飾る花火のラストは・・・・・・


DSCF5122.jpg

あたり一帯を昼間のように照らす花火でした。

DSCF5143.jpg

わずか40分間の花火ショーが終了。花火の数もすごければ、家路へ急ぐ見物客の数もすごいものがありました。


以上、簡単ながらPL花火大会の模様でした。PL教団の宗教行事として毎年8月1日に行われるこの花火、見ないと損しますよ・・・・・・


2014年02月04日

添乗員はミタ!伊勢神宮両参りツアー

先日、伊勢神宮両参り・日帰りツアーに行って参りました。


式年遷宮で賑わう伊勢神宮の外宮と内宮、その模様を簡単にご案内致します。


DSCF6747.JPG

  
DSCF6748.JPG

  

装いも新たな、外宮の御正宮です。木の香りが漂っていました。

  

DSCF6745.JPG


  
こちらは旧御正宮です。中には入れませんが、3月まではその姿が見られるようです。

  


  
DSCF9250.JPG


  
DSCF6767.JPG


  
こちらは内宮の御正宮です。旧御正宮より手前に移動しました。


  

DSCF6768.JPG

  
DSCF6769.JPG


  
旧御正宮は約50m手前にバリケードが設置され、その姿を拝む事はできませんでした。

  


3月までならば、外宮・内宮ともに「ビフォー⇒アフター」的な感じで新旧両方の御正宮がたたずんでいますので、今のうちにお越し下さいませ。


 

因みに外宮と内宮の間は多数の路線バスが通っていますが、一台だけ特別仕様のバスが走っています。

 

DSCF9305.JPG


   

DSCF9304.JPG


三重交通が運行する「神都バス」です。今回の式年遷宮を記念し、かつて内宮前まで走っていた「三重交通神都線」の路面電車を模したバスが走っています。

  

OPG-LV234N3.jpg
   


  

↑ベースとなった車両はコチラ。最新型の路線バスを改造している為、床が低く乗り降りが楽にできます。


DSCF6822.JPG


   
DSCF6823.JPG


   

  

内宮前のバスの乗り場を14時55分に出発します。当ツアーの行程中に見る事ができますので、興味のある方はぜひご覧下さいませ・・・・・

   

   


2014年01月28日

忘れた頃の「添乗員はミタ」@玉造温泉・出雲大社

長らくの間ブログの更新ができず、大変申し訳ございませんでした。

遅まきながら新年の挨拶もかねて、先日行った「玉造温泉『佳翠苑皆美』と出雲大社」の様子をご案内致します。  

DSCF8610.jpg


  
雪に埋もれた道の駅。中国山地一帯は銀世界でした。   


DSCF8632.jpg


    
勾玉細工のお店に立寄り・・・・・


   
DSCF8649.jpg


   
玉造温泉「佳翠苑皆美」にチェックイン。ここで昼食と入浴です。

  
DSCF8660.jpg
   

露天風呂など2014年の初湯もお楽しみ頂きました。

   

DSCF8670.jpg


   

脱衣場にはドジョウすくいの絵が。どこかで見た事のあるタッチだな、と思ってよ~く見ると・・・・

DSCF8671.jpg

   


「はじめ人間ギャートルズ」や「ペェスケ」などの名作で有名な、園山俊二さんのサインがありました。  

  
DSCF8686.jpg


   
青空に映える宍道湖の湖畔を過ぎ・・・・・

   

  
DSCF8708.jpg


  

初詣の参拝客に対応すべく、一畑電車は4両編成に増結。

    


DSCF8721.jpg


  

出雲大社に到着!正月3が日を過ぎていたので、混雑はありませんでした。

  
DSCF8723.jpg

  


日の丸が風になびいていました。何でも掲揚台の高さは47m・の大きさは縦9m・横13.7m(畳75畳分)・重さ49㎏を誇ります。

  

 
DSCF8737.jpg

  

 
御本殿の内部も参拝できました。今年も良い年でありますように・・・・・

   


  


 


   


  

2013年08月22日

添乗員はミタ!番外編:オブジェのようで、実は・・・・・

先日行った某観光地で、気になるモノを見つけました。

DSCF2259.jpg

街中にある、某青果店です。新鮮な野菜や果物に交じって・・・・・

DSCF2264.jpg

昔懐かしい、ホーロー看板がありました。一瞬オブジェかな?と思ったのですが、よく見ると・・・・・

DSCF2266.jpg

「看板を売っています」との表示。どうやら、売り物だったようです。因みに上記の水原弘さんが写っている殺虫剤の看板は、というと・・・・・


DSCF2267.jpg


28,000円でした。ホーロー看板が好きな方にとっては、たまらない1枚ではないでしょうか。


DSCF2268.jpg


そして、浪花千栄子さんが写っている某軟膏のホーロー看板は・・・・・


DSCF2269.jpg


これまた、28,000円~!やはり、なかなかのお値段です。そして・・・・


DSCF2270.jpg


今でも国道沿いでたまに見かける、このホーロー看板は、おいくら???


DSCF2271.jpg


なんと6,800円!!!結構お買い得な看板です。

気になる方は、こちらのツアーにご参加下さいませ。行程の途中でご覧いただけますぞ・・・・・


2013年08月16日

「旅のしおり」始めました。

残暑お見舞い申し上げます。口にせずにはいられない酷暑が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、不定期に更新しています「スタッフの旅ブログ」ですが、この度写真のみを掲載するページ「旅のしおり」を始めました。旅先での名珍場面を掲載していきますので、ぜひご覧くださいませ。


旅のしおり アドレス

http://www.chugoku-travel-service.jp/shiori/

2013年06月13日

「ザ・アイス2013」大阪公演直行バス・17時公演追加のお知らせ。

6月も半ばに入り、盛夏を思わせる暑さが続くこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

この暑さを吹き飛ばすバスツアー“「ザ・アイス2013」大阪公演・直行バス”プランですが、好評につき12時公演に加えて17時公演のコースを追加致しましたので、お知らせ致します。


%E8%A1%A8-7-10001.jpg

浅田真央選手や小塚崇彦選手、村上佳菜子選手など国内外のトップスケーターが大阪に集結!銀盤で華麗な技と舞を披露します。特に今後の去就が注目される浅田真央選手の演技は、要注目です。

17時公演もおかげ様でお申込みが集中しております。お申込みはお早めにお願い致します。

<参考HP>
ザ・アイス2013大阪公演 公式HP
http://www.ctv.co.jp/event/the_ice/osaka.html
↑出演者や昨年の公演を収めた動画など、盛りだくさんの情報で必見です。


2013年05月27日

添乗員もノボッタ!「剣山登山と剣山木綿麻温泉」ツアー

先日の土曜日に、「日本百名山・剣山登山と秘湯・剣山木綿麻(ゆうま)温泉」ツアーに行って参りました。その時の模様をお送り致します(またもや写真が多めなので、あしからず・・・・・)


DSCF1131.jpg

バスは坂出から一般道を経由し、貞光からいよいよ山道に入ります。一部2車線の区間もありますが・・・・・


DSCF1140.jpg

貞光からの道の殆どは1車線の狭い道です。これでもれっきとした「国道」ですが、「酷道」と言っても過言ではないような道の狭さです。

DSCF1137.jpg


剣山へ向かう道中の、最後のガソリンスタンドです。これほど狭いと対向車との離合が難しいのですが、地元・徳島ナンバーの車は慣れたハンドルさばきで素早くバックして道を譲って下さいました。

DSCF1167.jpg

山道を走る事1時間半、「剣山観光登山リフト」の「見の越駅」に到着です。ここで身支度をして・・・・・

DSCF1170.jpg

リフトに乗り、標高1750m地点の「西島駅」に向かいます。

DSCF1184.jpg

目指す剣山が目の前に見えてまいりました。山の上にある青い建物は、山小屋「剣山頂上ヒュッテ」の別館「雲海荘」です。山頂はその奥に隠れています。


DSCF1193.jpg


西島駅にて準備運動をしてから、いざ出発です。

DSCF1224.jpg


途中、日本名水百選に選ばれた湧水「御神水(おしきみず)」にて水分補給。ひんやりとした湧水が、ノドの渇きを癒してくれます。


DSCF1229.jpg


標高1820m、巨大な岩石と一緒に佇む「大剱神社」にて一息入れました。ここは縁結びの神様でもあるそうです。

DSCF1240.jpg


再びスタート。気がつけばもう頂上直下です。奥にあるのが「剣山頂上ヒュッテ」・手前にあるのが神社「剱山本宮」です。


DSCF1243.jpg


頂上一帯の植生保護の為、山頂までは木道です。

DSCF1246.jpg

遂に到着!標高1,955m・剣山山頂の三角点です。風化を防ぐ為、頑丈に守られています。


DSCF1247.jpg

前方に見える尖った山は、剣山の弟分「次郎笈(ジロウギュウ)」です。剣山の別名は「太郎笈(タロウギュウ)」で、丸い山容が特徴です。丸い兄貴と尖った弟分・・・・・見事なまでの対比ぶりです。


DSCF1252.jpg


頂上一帯の景色です。若干雲がかかっていたものの、天候は安定しており360度の大パノラマが堪能できました。私にとってもこれほど見えたのは5~6年ぶりかも・・・・・

DSCF1256.jpg

心地よい達成感と余韻に浸りながら下山です。

DSCF1285.JPG


西島駅まで戻り、再びリフトに乗ります。途中からスリルあふれる景色に変わりました。


DSCF1292.jpg

リフトの横に咲いていたシャクナゲの花。もうそんな時期なんですねぇ・・・・・

DSCF1322.jpg


見の越駅でバスに乗り、「剣山木綿麻温泉」にて入浴です。


以上、春の剣山登山の模様をお送り致しました。

2013年05月23日

添乗員はミタ!日帰り参拝・高野山ツアー

先日「日帰り参拝・高野山」ツアーに行って参りました。その模様を簡単にご案内致します。


DSCF0775.jpg


DSCF0777.jpg

途中のサービスエリアで見つけた「名神高速開通50周年記念Tシャツ」です。7月で開通して半世紀が経つようで、ファン向けのグッズとして販売されていました。最近数を減らしつつある「公団ゴシック」と呼ばれる書体で書いてるのがミソですな。

DSCF0827.jpg

DSCF0819.jpg

高野山で昼食の後、最初に金剛峯寺の内拝を致しました。

DSCF0833.jpg

そして弘法大師が眠る「奥の院」をお参り致しました。

奥の院まで続く参道沿いには、各企業の慰霊碑や供養塔が多数並んでいます。


DSCF0844.jpg


こちらはヤクルト(株式会社ヤクルト本社)の慰霊碑。少し前までは福山・赤坂町にも工場がありましたね・・・・・

DSCF0848.jpg


続いて“UCC”でおなじみ、「ユーシーシー上島珈琲株式会社」の慰霊碑。コーヒーカップのデザインが個性的です。因みにUCCとは“Ueshima Coffee Company.,Limited.”の略だそうです。

DSCF0850.jpg

こちらはビールや清涼飲料でおなじみ、キリングループのものです。


DSCF0851.jpg

社名に因んだのでしょうか?狛犬が何となく「麒麟」に見えるような気がします・・・

DSCF0857.jpg

この橋の先が「奥の院」です。弘法大師が眠る崇高な場所の為、この橋から先は「撮影禁止」です。

DSCF0865.jpg

高野山の街中です。ごま豆腐や高野槇など、高野山名物を取りそろえるお店が軒を連ねています。


以上、簡単ながらバスツアーの様子でした。


※追伸※

6月15日は弘法大師の誕生を祝う「青葉祭り」が開かれます。華麗な衣装に身をまとった花御堂渡御(はなみどうとぎょ)の行列や、

DSCF7594.jpg


高野山の管長猊下によるごあいさつ、そして最後は・・・・・

DSCF7603.jpg


紅白の餅まきが行われます。昨年行きましたが、これが一番盛り上がりました・・・・・

DSCF7599.jpg

中には餅まき用の手提げビニール袋を用意されていた方も・・・・・何とまた準備の良い事(笑)!

DSCF7608.jpg

私もついつい本領発揮!何とか頂く事ができました。

DSCF7606.jpg


ただ、勢い余って携帯を落としてしまいましたが(しかもフタが取れるというオチまで)・・・・・

2013年05月11日

添乗員はミタ!番外編「添乗先で見つけた“気になるモノ”」

先日行ってきました「なばなの里・ウィンターイルミネーション」のツアーの際、なばなの里で“気になるモノ”を見つけました。前々回のブログではイルミネーションの模様をご案内致しましたが、今回はその続き(というよりは「番外編」)です。写真がかなり多めですが、サラリとお付き合いくださいませ・・・・・


DSCF7908.JPG

園内の一角に、ちょっとした行列がありました。何の行列?と思い、行ってみました。


DSCF7864.jpg


DSCF7910.JPG


「ジャンボ鉄板で焼くやきそばコーナー」とあります。何でも「300人前調理中」との事・・・・・これから焼き始めるそうなので、その一部始終を見てまいりました。


DSCF7921.JPG


DSCF7922.JPG


まずはジャンボ鉄板に油をひきます。鉄板中にまんべんなく油を広げていきますが、これだけ鉄板が大きいと菜箸やヘラなどでは当然できません。専用のスコップを使います。


DSCF7925.JPG

DSCF7926.JPG

続いて大量の豚肉を投入!息もピッタリのあわせ技で、まんべんなく焼き上げていきます。


DSCF7930.JPG

DSCF7931.JPG


今度は大量のキャベツです。これだけでも十分に美味しそうですが・・・・・

DSCF7938.JPG

DSCF7940.JPG

コレを外すわけにはいきません!大量の麺を一気に投入です。しかしホント、息の合った焼き上げぶりですねぇ・・・・・


DSCF7947.JPG

ギャラリーの視線は鉄板にクギづけ!もちろん、私もその一人でした(笑)・・・・・気分は給食工場の見学???


DSCF7949.JPG

そして焼きそばを鉄板の真ん中に寄せ、畝状にまとめます・・・・・


DSCF7951.JPG


いよいよ、ソースの投入です。


DSCF7955.JPG


味がまんべんなく浸みるよう、鉄板全体を生かして混ぜていきます・・・・・

DSCF7958.JPG

DSCF7961.JPG

さらにソースの投入です。湯気が一気に立ち込めてまいりました・・・・・


DSCF7966.JPG

DSCF7968.JPG

最後のソースを投入!!!3回に分けてソースを入れるのは、味を均一にするための工夫なんでしょうね。現場はさらに熱気ムンムンになってまいりました。


DSCF7962.JPG


売り子さんもその様子をじっと見守っています・・・・・

DSCF7963.JPG

リーダーのチェックが入ります・・・・・そして“GOサイン”が出ました!!!

DSCF7971.JPG


DSCF7973.JPG

そして最終段階。出来上がった焼きそばを鉄板の端に寄せ、バットに小分けしていきます。これで全てはOK!いよいよ販売開始です。


DSCF7977.JPG

レジに向かう行列です。これまた長いのなんの・・・・・しかし焼きたてを味わえるのがイイんですよねぇ~。


DSCF7974.JPG

因みに1杯500円との事。なばなの里にお越しの際は、一度お試しあれ・・・・・

DSCF7976.JPG

以上、ジャンボ鉄板で作る焼きそばの一部始終を、懐が寂しかった為に1個150円のおむすびをほおばりながらレポートさせて頂きました(苦笑)・・・・・


2013年05月01日

添乗員もナランダ…ひろしま菓子博ツアー

現在好評開催中の「ひろしま菓子博2013」、先日そのツアーの添乗に行って参りました。その時の模様を簡単にご案内致します。


DSCF0483.jpg


メインゲートの様子です。3連休の中日だけあって、大混雑でした。


DSCF0494.jpg

会場北側・団体入口の付近もこの通り…ものすごい人気です。どのブースも強烈な行列ですが、私としては最初にここで並ぶことをおススメ致します。

DSCF0495.jpg


「お菓子のテーマ館」「お菓子美術館」です。グリーンアリーナを丸ごと生かした会場で、お菓子で作った工芸作品や厳島神社のスケールモデルがあります。ここを最初に行かないと、滞在時間があっという間に過ぎて見られなくなる恐れがありますので、最初にここへお越し下さいませ(但し会場内は撮影禁止です)。

菓子博のブースの中で一番混雑していたのが、ここです。

DSCF0306.jpg

「全国お菓子バザール」です。全国各地の銘菓が買える唯一の場所で、一番にお客様が集中します。

DSCF0309.jpg

ブースの中はこんな状況です。待ち時間が最大で240分以上の時もありますが、内部の状況に寄っていは実際の待ち時間が短くなる事もありますので、あきらめずに並んでみましょう。ただし炎天下の場合は、熱中症予防のために水分補給をお願い致します。

他には・・・・・


DSCF0354.jpg

DSCF0360.jpg

大手お菓子メーカーがクイズやイベントなど体験型の展示をする「夢のお菓子ランド」


や、


DSCF0398.jpg

DSCF0420.jpg


出来たてのスイーツを味わえる「スイーツカフェ」
もございます(写真はジャン=ポール・エヴァンの「バー・ア・ショコラ」です)。

以上、簡単ではございますがひろしま菓子博の模様でした。おススメは平日です(平日でも天気が良いと20000人以上は訪れます)。お申込みはコチラまで・・・・・


2013年03月25日

添乗員はミタ!なばなの里・ウィンターイルミネーション

3月23日~24日にかけて「なばなの里ウィンターイルミネーションと伊勢神宮 1泊2日」のバスツアーに添乗で行ってきました。今回はなばなの里の模様をご案内致します。


DSCF7863.JPG


夕方の4時30分頃、なばなの里に入園しました。園内は「河津桜」が満開!気分が一気に春めきました・・・・・


DSCF7889.JPG


園内の池より望むチャペル。湖面の上には、点灯前のイルミネーション用LEDが波打った状態で張られていました。

そして夕方6時20分、ついに点灯しました!!!

DSCF7994.JPG

DSCF7998.JPG


徐々にイイ雰囲気になって参りました。水上のイルミネーションは日本でも最大の規模を誇るそうです。


DSCF8011.JPG

河津桜もこの通り!見事な夜桜です。

さらに園内を進んでいくと・・・・・

DSCF8014.JPG

ウィンターイルミネーションのハイライト「光の回廊」です。全長200m・約120万球の光のトンネルは圧巻でした。

DSCF8017.JPG

花をかたどった白熱電球の中にカラフルなLED電球が混じり、幻想的な光景を描いています・・・・・

DSCF8028.JPG

回廊を抜けると、壮大なスケールのイルミネーションが現れました。なばなの里史上最大のイルミネーション作品だったようで、今回のテーマは『大自然』だそうです。雄大で神秘的な絶景を、何色ものイルミネーションで表現していました。

そして次なるイルミネーションのトンネルが現れました・・・・・

DSCF8031.JPG


DSCF8033.JPG


河津桜がテーマとの事で、ものの見事にピンク一色!!!参りました。


そして園内の池に戻ってみると・・・・・

DSCF8035.JPG

水上のイルミネーションがこの通り!!!個人的に一番見たかった作品でした。ナマで見る事ができたので、ホンマ嬉しかったですね~・・・・・

DSCF8037.JPG

次から次へと色が変わるイルミネーションで、不思議な世界にいざなわれた感覚になりました・・・・・

以上、簡単ながら「なばなの里・ウィンターイルミネーション」の模様でした。百聞は一見にしかず!!!ぜひナマでご覧くださいませ。


<なばなの里・ウィンターイルミネーションHP>


<追伸>

DSCF7908.JPG

点灯前に園内を歩いていたら、何やら気になるモノが・・・・・

その詳細については、後日更新致します。

2013年02月28日

両備グループフェア2013「お仕事たんけん隊」開催のお知らせ

日中暖かくなり春の到来を感じさせる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?


さて、ここで弊社も一員である両備グループ主催のイベント情報をお知らせ致します。


来たる3月8日(金)・9日(土)の2日間、岡山市の「岡山県総合展示場 コンベックス岡山」において、両備グループフェア2013「お仕事たんけん隊」を開催致します。


両備グループフェア2013「お仕事たんけん隊」HP

会場では、運輸・交通関連、生活関連、情報関連など、。「あ、あんなところにも」「実は、こんなところにも」ひそかに携わっております両備グループの各企業が一堂に集結!グループの多業種にわたるお仕事の数々を、ブースの出展や屋内・屋外における展示などを通じてご紹介します。またバラエティに富んだステージイベントも展開致します。まさに両備グループの一大企業博覧会です。


弊社・中国トラベルも出展致しますので、「ちょっとそこまで遊びに行く」感覚でお越し下さいませ!!!


%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E4%B8%A1%E5%82%99%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A22013%E3%80%80%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85%E2%91%A0%E3%80%80%E3%82%AA%E3%83%A2%E3%83%86.jpg


%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E4%B8%A1%E5%82%99%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A22013%E3%80%80%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85%E2%91%A0%E3%80%80%E3%82%A6%E3%83%A9.jpg

2013年01月31日

添乗員もミタ!劇団四季「キャッツ」広島公演バスツアー

DSCF7011.jpg

1月に入り数々のツアーの添乗に同行させて頂きましたが、先日行った「劇団四季ミュージカル“キャッツ”広島公演」バスツアーは一番印象に残る添乗になりました。その時の模様を簡単にご紹介致します。


DSCF7016.jpg


広島公演の会場「上野学園ホール」の様子です。以前「広島郵便貯金ホール」
の名称だった頃に上演して以来10年ぶりの広島公演ですが、人気のミュージカルだけあって、開演50分前にしてこの行列!!!


DSCF7020.jpg


その為予定より早く開場。次々と中へ入って行きました。ロビーはこの通り大賑わい!!!


DSCF7018.jpg


お客様をお見送りした私も、チケットを購入して観劇する事にしました。もっとも2階席の一番奥の方しかありませんでしたが・・・・・

客席の内部は撮影厳禁につき、文章にて客席のレポートを致します。客席に入った途端にステージが広がり、まさにキャッツ・ワールド。都会のゴミ捨て場が舞台となっており、それを猫の低い目線から見た感じです。その演出だけでもスゴイのですが、キャッツのもう一つの楽しみが、公演先に因んだ「ご当地ゴミ」の存在です。私もじっくりと目を凝らしていくつか見つけましたが、具体的に何が出てくるかは・・・・・行った時のお楽しみという事で、あえてここでは申し上げません(笑)。


DSCF7021.jpg


ここで広島公演ならではのお楽しみをご紹介致します。期間中ロビーの正面に「キャッツポスト」なる物がございます。実際に郵便物を投函する事ができます上、こんな特典がございます。


DSCF7023.jpg


DSCF7022.jpg

キャッツ広島公演限定の消印を押してもらう事ができます。そこでおススメしたいのは、お越し頂く際にあらかじめ官製はがき等、投函したい郵便物をご持参頂く事です。特に官製はがきや絵葉書(絵葉書の場合は切手もご準備下さい)の宛先を、ご自分宛にするのはいかがでしょうか?公演日に投函してしばらくすると・・・・・

DSCF7024.jpg


こんな感じで郵便物が届きます。広島公演観劇の想い出づくりに、いかがでしょうか?


そしてポストの横にはもう一つ、こんな物までありました。


DSCF7025.jpg


DSCF7027.jpg


DSCF7026.jpg


劇中に登場する“ジェリクルキャッツ”の1匹「ヴィクトリア」をモチーフにした工芸菓子が展示されていました。何でも製作時間は200時間だとか・・・・・見事な匠の技です。

DSCF7032.jpg


そしてもう一つのお楽しみがコレ。「シアター・イン・シアター」です。キャッツの舞台のミニチュア模型を展示しています。これを客席側からでも舞台側からでも見る事ができるよう、両サイドにのぞき窓があります。個人的には舞台側から見る事をおススメ致します。そうするとご自身がキャッツの主人公になった気分でご覧頂けますよ。


以上、仕事を半分忘れた(?)添乗報告でした・・・・・

なお、こちらのページにはキャッツの最新情報が掲載されておりますので、ぜひチェックしてみて下さい。

「劇団四季 四季なびgation 02 キャッツ」

Google 検索結果

Loading...

2015年05月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

LINKS 中国トラベル